◆八女の手仕事 -暮らしと道具-◆
 八女へのアクセス  ブログ  八女伝統工芸館HP  リンク  お問合せ  HOME 
和紙の中でも、八女手すき和紙は楮(こうぞ)を原料とし、丈夫で引きのある「粘り」がある和紙だと言われています。
矢部川の清流と、和紙の材料となる楮(こうぞ)・三椏(みつまた)が自生する八女は、昔から紙すきに適した環境を備えていました。
今から400年ほど前に越前国(現・福井県)から紙すきの技術が伝わり、今も矢部川の清流そばで静かに和紙がすかれています。
長繊維で強度がある八女手すき和紙は、表装や障子、一閑張りや和凧など様々な用途で使われています。
八女手すき和紙マップ

より大きな地図で 八女和紙マップ を表示
▲ページの上へ
  
▲ページの上へ