◆八女の手仕事 -暮らしと道具-◆
 八女へのアクセス  ブログ  八女伝統工芸館HP  八女の歩き方  サイトマップ  リンク  お問合せ  HOME 
全国的に知られる綿織物で、昔は農家の副業として筑後川流域で盛んに作られていました。
現在は藍染めだけでなく草木染め、様々な色合いが出せる化学染料もあり、手織りのほかに機械織りの久留米絣と多様な絣が作られています。
綿の持つ素朴で暖かな風合いと絣模様の面白さ、藍染めの美しさで全国的に親しまれています。
久留米絣は、時代を経ながら着物だけでなく、服やバッグ、帽子など身につけるものから、雑貨やインテリア製品など様々な商品が作られています。
▲ページの上へ
 
久留米絣の歴史 井上 伝 柄の地域性
工程の全体流れ 図案・種糸つくり 整経・製緯 括り
藍建て 染め 水洗 糊付け 絣解き
柄合わせ 糸干し 筬とおし 経巻き あぜ掛け
機仕掛け 緯割り 枠上げ 管巻き 織り
湯とおし 整反
特徴 経緯絣 藍染と化学染料 手織りと機械織り
国武絣とは 国武絣の創始者 牛島ノシ 齋藤(牛島)キクノ 齋藤藤助
牛島喜次郎 織締技法でつくられる小絣 國武喜次郎 牛島ノシの碑
▲ページの上へ